麻疹

2011年4月26日 (火)

目覚めれば原発ニュースばかりの中で、はしかの話

 ワクチンをするときに、必ず母子手帳で確認することがあります。

 色々と確認することがりますが、「麻疹ワクチン(MRワクチン1期・2期)を打っているか・または打つべき時期に他のワクチンを優先させていないか」は必ず確認します。

続きを読む "目覚めれば原発ニュースばかりの中で、はしかの話" »

2011年2月 9日 (水)

日本は麻疹の輸入国?輸出国?

他の先進国では麻疹はほとんど制圧されているにもかかわらず、日本では度々流行していました。

麻疹ワクチンの接種率が95%以上で麻疹の流行が抑えられるのですが、日本では長年95%を下回っていたため流行を繰り返して来ました。

よく、「日本は麻疹の輸出国」なんて言われて来ました。麻疹に掛かり潜伏期間中に海外渡航した人が、現地で発症するというパターンです。

ひょっとして現地の麻疹ウイルスが残っているのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、調べてみると日本固有のウイルスである事がわかりました。麻疹ウイルスの遺伝子を調べてみるとD5という日本固有のタイプだったのです。

その後日本でも積極的に麻疹制圧の動きに転じました(正確には外圧に押された気が・・・)。それならば、どうして愛知県岡崎市や広島県広島市で麻疹が発生したのでしょう?

去年の5月を最後に日本固有のD5は検出されておらず、インドやフィリピンの麻疹ウイルスが検出されているのです。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/measles.html

それでは日本は麻疹は制圧され、「日本は麻疹の輸入国」となったのでしょうか?残念ながら、そうではないとおもいます。

MRワクチン接種率が95%を超える事は無く、特に中高生のMRワクチン(3期・4期)接種率は相変わらず低いままです。何かの拍子に、国内外(片方あるいは両方)の麻疹ウイルスが流行する可能性は十分にあります。そして、また海外に「輸出」する例がでてくるでしょう。

最近、髄膜炎ワクチンシリーズ(ヒブワクチンや小児肺炎球菌ワクチン)を希望する人が増えて来ています。それは喜ばしい事なのですが、DTPやMRワクチンよりも優先する例が目立ちます。
一歳半検診の時に母子手帳をチェックすると、髄膜炎ワクチンシリーズは全て終わっているのに、MRワクチンは未接種という例もあります。
適切な説明が無ければ、MRワクチンは置き去りにされてしまっていたかもしれません。
HIVもそうですが、忘れかけた時こそ気をつける感染症もあるのです。所定の年齢になりましたら、特に理由がない限り早めのMRワクチン接種をお願いします。

2011年2月 8日 (火)

麻疹流行(岡崎市広島市)について ワクチンは効かない?

年末から麻疹の話題が多くなりました。

続きを読む "麻疹流行(岡崎市広島市)について ワクチンは効かない?" »

2010年12月30日 (木)

麻疹注意報!!「冬の民族大移動」か「おうち de お正月」か

 そろそろお正月です。
 すでに、帰省・旅行に行かれている方もいるでしょう。インフルエンザもそろそろ流行というニュースもありますが、この季節に麻疹、というニュースも出てきました。

続きを読む "麻疹注意報!!「冬の民族大移動」か「おうち de お正月」か" »

2010年9月 5日 (日)

麻疹単独ワクチン-鏡と甲子園と障害者の生まれない権利

 麻疹は数年前流行し一騒動でしたが、その後はだいぶ治まりました。しかし、MR三期・四期の接種利が低いなか、2012年までに麻疹のeliminatinは果たして可能なのでしょうか?これは、医療機関・学校・地方行政の取り組みがあまりにも低いと思います。自分自身も含めて猛省しないといけないのでしょうね。

 時々、MRワクチン(麻疹・風疹)ではなくて麻疹ワクチン単独でお願いします、という人(保護者)がいます。理由は大きく分けて、

  1. すでに風疹にかかったので、MRワクチンではなく麻疹ワクチンを打ちたい
  2. 副作用も心配だし風疹ワクチンを打つ意義がわからないので、MRワクチンではなく麻疹ワクチンを打ちたい

 です。1.の場合は麻疹ワクチンでかまいませんが、風疹に感染したという証拠が必要です。記憶だけでは不十分で、採血を行い抗体を調べることが必要です。2.の場合ですが、私は以下の理由で反対です。

  • 風疹自体も決して軽い病気ではない。脳炎もありえます。
  • 妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんが先天性風疹症候群にかかる可能性がある。
  • 感染した場合、他の人に感染させる可能性がある。特に妊婦さんに感染させたら、非常に問題がある。

 ここでは先天性風疹症候群について説明します。母親が妊娠初期風疹にかかると、胎児に影響が出ます。特に、白内障・心疾患・難聴が有名です。妊娠初期にかかればかかるほど影響が出やすいです。風疹ワクチンも効果は100%ではありません(だから二回接種します)が、風疹は一度感染しても再感染することもあります。風疹に一度感染しても、妊娠時に再感染して胎児に影響を及ぼす可能性はまれにですがあります。

 母親になる可能性のある女児(高校生)にのみ接種すれば良いのではと言う意見もありますが、それは違います。母親が風疹になるためには感染源が必要ですが、多くの場合はいつもいる人(多くの場合、夫や子ども達)が感染源になるのです。

 風疹ワクチンを接種しないということは、他人に風疹を感染させてその人の赤ちゃんを先天性風疹症候群にさせるかもしれない、ということです。なんだか脅しととらえる人もいるかもしれませんが、これは事実です。そのことをヒントにしたミステリー小説があるのですがご存知ですか?

 話は変わりますが、先天性風疹症候群にまつわるお話を二つします。

 一つは、山本おさむ原作の「遥かなる甲子園」。占領時代の沖縄で、風疹が流行したときに聴力障害の子供が沢山産まれ、そのために聾学校が新設されました。彼らが高校生になったときに野球部を作ったのですが、規定により彼らの学校では甲子園に進むことは出来ませんでした。しかし特別な計らいで沖縄の大会のみ出場を許されたのです。これが「遥かなる甲子園」です。

 もう一つは、外国の事件ですがペルシュ事件というもの。色々と考えされられます。
障害者の生まれない権利 -(バーチャルネット法律娘 真紀奈17歳) http://homepage3.nifty.com/machina/c/c0010.html

 麻疹単独ワクチンを希望する保護者と話している私の頭の中では、上記のエピソードや実際に先天性風疹症候群でお子さんを亡くされたお母さんの顔が浮かんでいるのです。

 

2010年5月 1日 (土)

そろそろ麻疹の季節です

そろそろ(すでに?)麻疹流行のシーズンです。3年前(2007年)麻疹が学生の間で流行し、各大学が休校になったのは記憶に新しいところです。

 

麻疹(ましん・はしか)の特徴としては、

  1. 感染力が非常に強く、免疫が無ければまず感染する
  2. 麻疹初期には麻疹と診断できないことが多いので、周りに感染させやすい
  3. 重症度はかなり高い
  4. 合併症(脳炎・肺炎など)があると死亡率が高まる
  5. 麻疹にかかって数十年後にSSPEになる可能性がある
  6. ワクチンによって予防ができる
  7. ワクチンの効果が高くヒトにしか感染しないので、麻疹はワクチンによって根絶できる

 があげられるでしょう。ワクチンの効果が高いと書きましたが、これには限界があります。
 まず、ワクチン一回目の接種で免疫がつかない場合(PVF:primary vaccine failure)があります。ワクチンの効果は95%以上とされおり、5%弱の人がこれにあたります。
 次は、ワクチンをして免疫がついてから十数年経って、ワクチンの効果が切れてしまうことがあります。2007年の学生での流行がこれに当てはまります。これを、SVF: secondary vaccine failure と呼びます。
 これらに対応するためには、ワクチンの二度うちが必要です。海外ではごく普通に行われていたことですが、日本ではなかなか行われませんでした。

 日本でもようやく、麻疹ワクチンを麻疹・風疹の混合ワクチン(MRワクチン)の二回接種が2006年から始まりました。2009年の麻疹流行は1000人以下だったということです。これもワクチンの接種率が向上したからでしょう。

 しかし、昨年の新型インフルエンザワクチンで問題が起きました。同時接種をしなかった場合、新型インフルエンザワクチンを優先させたため、MRワクチンの接種率が低下したというのです。
 麻疹はワクチン接種率が95%以上(90%?)あれば流行が抑えられるといわれています。今年はどうなるでしょうか?

 おまけ


Photo

 なんだが、麻疹じゃなくて水疱瘡(みずぼうそう)みたい。それに、ネコやネズミは麻疹にはなりません!!  

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック