« 「おまた眼科」7/2-3内覧会で7/4開院! | トップページ | ISTMのCTM(国際渡航医学会の試験)⇒勉強編 »

2011年7月10日 (日)

ISTMのCTM(国際渡航医学会の試験)

先日ISTM(国際渡航医学会)の試験(CTM)に合格したとお伝えしました。改めてどんなものかをお伝えします。

1.ISTMってなに?

The International Society of Travel Medicine です。国際渡航医学学会とでも訳すのでしょうか?

 旅行や仕事などで海外に行く際の、医学的な問題を取り扱う学会、とでもいうのでしょうか?感染症(マラリア・旅行者下痢症など)に限らず、飛行機の環境問題、メンタルな面、海のレジャー問題(スキューバダイビング)なども取り扱います。横断的な学問です。

ちなみに、サイトはこちら

http://www.istm.org/

 日本には、二つあるようです。

日本渡航医学会:http://www.travelmed.gr.jp/
日本旅行医学会:http://www.jstm.gr.jp/

2.ISTMの試験とは?

 ISTMが毎年行なっている、試験です。CTM(Certificate in Travel Health)といいます。ISTMのサイトの中に説明が載っています。

 私は試験を受けましたが、規定により試験の内容を公表することができません。サンプルから引用します。

2. A 25-year-old male is admitted to the hospital for unexplained high fever and diarrhea over the last week. He returned 4 months ago from a 1-month trip to India. He states that he took mefloquine weekly as prescribed (without missing any doses) prior to his trip, during his trip, and for 4 weeks after he returned. The most appropriate first diagnostic step is

A. a stool examination for ova and parasites
B. a blood culture to rule out typhoid fever
C. a blood smear for malaria parasites
D. an amoebic serology

 マラリアの予防薬を飲んでいるし、インドだからチフスかアメーバー赤痢か?と思う人もいるかも知れません。しかし、答えはCです。岩田健太郎先生の名言を待つまでもなく、疑わしければ否定できるまでマラリアなのです。インドもマラリアがあります。

8. A traveller with chronic obstructive pulmonary disease and who is oxygen-dependent wishes to take a long-distance flight. Which of the following statements regarding oxygen use aboard commercial aircraft is correct?

A. Airlines are required to provide oxygen without prior notification.
B. Airlines are prohibited from providing oxygen for medical use aboard aircraft except in an emergency.
C. Individuals who are oxygen-dependent at sea level should not fly on commercial airlines.
D. Arrangements for oxygen use must be made with the airline several days in advance of a flight.

 在宅酸素療法(HOT)の患者さんはこれからも増えると思います。そういうかたでも事前準備を十分すれば、海外旅行はできます。事前に航空会社に問い合わせましょう。

19. A family of four is leaving in January for a 2-year stay in Chad. The family consists of a 46-year-old father, a 34-year-old mother who is 5 months pregnant, a 4-year-old boy, and a 2-year-old girl. They have learned of a meningitis epidemic that has just begun in Chad. Assuming that the epidemic strain is covered by an available vaccine, which members of the family should be vaccinated?

A. Father and mother only
B. Father, mother, and 4-year-old boy
C. Father and the two children
D. The entire family

日本でも少し前に話題になった、髄膜炎菌性髄膜炎です。海外ではワクチンは普通にあります。結合型のワクチンは最近は9ヶ月でも接種可能というのもあります。しかしまだ2歳からが一般的だと思います。問題の設定も、それを意識したのかもしれません。

3.試験に受かっていいことでもあるの?

 日本にいる限りは、メリットはないと思います。まだ日本ではメジャーではない資格ですし。

 しかし、受けることで知識の整理にはなりました。とくに、日本と海外のワクチンの違い、おかしな日本のワクチンルールがよく分かりました。

 たとえば同時接種は世界で普通に行われているとか、ウイルスの生ワクチン同士以外は接種間隔を開けなくてもいいとか。三種混合の間隔が8週間以上開いてもワクチンを控える理由は医学上存在しないとか…

 勉強法や試験の実際に付いては、またあとで。

« 「おまた眼科」7/2-3内覧会で7/4開院! | トップページ | ISTMのCTM(国際渡航医学会の試験)⇒勉強編 »

渡航医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/52142276

この記事へのトラックバック一覧です: ISTMのCTM(国際渡航医学会の試験):

« 「おまた眼科」7/2-3内覧会で7/4開院! | トップページ | ISTMのCTM(国際渡航医学会の試験)⇒勉強編 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック