« 安心と安全とマスコミと…駄文 | トップページ | 小児の細菌性髄膜炎ワクチンと同時接種について »

2011年4月 3日 (日)

赤ちゃんを取り上げた

 先日、当直をしている病院で、緊急帝王切開をするという連絡が入りました。

 産婦人科から情報を集め、準備も念入りに行い、望みました。幸いにも、母子ともに健康でした。私がお産に立ち会うのは、おそらくこれが最後でしょう。

 「これから産婦人科を再立ち上げするから、ぜひとも来てほしい」

 ある病院に入職する際面談したときの、病院幹部たちの言葉です。炎の新生児医療(自称)を経験した私であっても、身に余る言葉でした。

 そんな言葉を思い出しながら、赤ちゃんを保育器に入れました。

« 安心と安全とマスコミと…駄文 | トップページ | 小児の細菌性髄膜炎ワクチンと同時接種について »

開業!開業!」カテゴリの記事

コメント

取り上げたということは、第一助手をしたのですか?

 あ、すみません。普通に待機して、取り上げに立ち会ったというのが、正確ですね。
 感慨深い体験だったので、つい高揚してしまいました(汗)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/51287600

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんを取り上げた:

« 安心と安全とマスコミと…駄文 | トップページ | 小児の細菌性髄膜炎ワクチンと同時接種について »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック