« お子様に肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種をお考えの親御様へ | トップページ | 3月8日の会議の前に »

2011年3月 6日 (日)

肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種:海外と日本の違い

 はじめにお話ししておきますが、同時接種が悪いなんて海外のどこでも言われていません。同時接種でもSIDSのリスクが上昇しないのは分かっています。

 どうして、海外では問題にならなかったのに、日本では問題になったのでしょう?

 Twitterでも書きましたが、改めて載せてみます。

  1. 接種方法が日本のみ皮下注射。製造会社は世界標準の筋肉注射を希望したのですが、厚労省が拒んだと聞いています http://bit.ly/dPIjdl 。
  2. 期限付き公的補助という世界的には例のない方法のため、短期間に接種者が殺到した事。紛れ込みも当然多くなる。
  3. 国や国レベルの自治体が責任を持って行うべきワクチンなのに、日本では行政措置予防接種という、最終的には地方自治体が責任を追うシステムにしてしまった事。俺のいう通りにしろ責任はお前が取れ、という国の罠では、どこの地方自治体もワクチンするのを嫌がる。

 3月8日の火曜日に、緊急会議が開かれ今後の方針が決まります。もし、「単独接種のみ許可」ということになったら、日本のワクチンはどうしようも無くなってしまいます。接種可能なワクチンが多くなるけれど、混合ワクチンになっていない日本の現状では、希望するワクチンすべてを接種するのは事実上不可能です。

« お子様に肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種をお考えの親御様へ | トップページ | 3月8日の会議の前に »

2011ワクチン同時接種問題」カテゴリの記事

ワクチン」カテゴリの記事

医療問題」カテゴリの記事

コメント

そうなんですね!
情報ありがとうございました
うちの子まだだったので早く打ちたいです~
再開してくれないかな
副反応はニュースにてちょっと怖いけど
何かあったときは、ここから得た情報を参考にしたので
連絡しますね!よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/51044398

この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種:海外と日本の違い:

« お子様に肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン接種をお考えの親御様へ | トップページ | 3月8日の会議の前に »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック