« 岩田健太郎先生のワクチン本について。ポリオの確率 | トップページ | インフルエンザ迅速検査のタイミング »

2011年1月11日 (火)

IPVをめぐる呟き

疑問というか、ふと思った事です。呟きにも似た感じ。今のところ呟きに留めます。

  • 海外の安全性が確認されているIPVがあるのに、どうして国産で作ろうとするのか?メーカーも国内需要だけでは割に合わないのでは?
  • 上にちなんで、人口が減りつつある日本用のワクチンを作るのではなく、日本と海外のこども向けに多価ワクチンを開発した方が、いいのでは?日本脳炎ワクチンとの混合は需要は無いのかな?
  • 海外では野生株のポリオウイルスから作られているIPVが、日本ではどうしてOPVセービン株から作られるのか?
  • 自然界にはもはや存在しないポリオウイルスII型のワクチンを作る意義はあるのか?他型のポリオウイルスの免疫獲得を阻害するのでは?
  • 海外では多価ワクチンが普通なのに、どうして日本では単独のIPVワクチンがもてはやされるのか?Hib、プレベナーの公費負担は嬉しいが、海外で普通に行われている多価ワクチン(DTP+Hib+IPV、DTP+Hib+IPV+HBV)の需要は確実に減る。
  • OPVからIPVへはどう移行するのか?かつてのアメリカのように柔軟な移行体制(OPV、IPV問わず4回でOK)にしないと、無用な混乱・ワクチン難民が増える。少し前の三種混合ワクチン接種間隔問題と同じ事、それ以上の事が起こる可能性あり。

« 岩田健太郎先生のワクチン本について。ポリオの確率 | トップページ | インフルエンザ迅速検査のタイミング »

ポリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/50559703

この記事へのトラックバック一覧です: IPVをめぐる呟き:

« 岩田健太郎先生のワクチン本について。ポリオの確率 | トップページ | インフルエンザ迅速検査のタイミング »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック