« ポストポリオ症候群 | トップページ | 日本脳炎ワクチンの接種例(図示入り)・これで基礎免疫は大丈夫? »

2010年10月 7日 (木)

黄熱ワクチンとコレラワクチンの同時接種

 以前同時接種のことで、以下のように書きました。

http://setagaya-syouni.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-df20.html

同時接種で効果が減弱することはあるのか?

 人間の免疫能力は十分にあり、多数のワクチンに対応できます。同時接種で効果が減弱することは、日本で普通に行われているワクチンではありません。

「日本で普通に行われているワクチン」というのは、黄熱ワクチンとコレラワクチンを頭に入れていました。干渉しあい効果が減弱するため、同時接種は避けるべきだとされていました。

 最近は変わってきているようです。WHOの黄熱ワクチンに関するペーパーです。
http://www.who.int/wer/2003/en/wer7840.pdf

 2003年と少々古いのですが、2010年のワクチンに関するポジションペーパ(方針説明書)にもリンクが張られているので、これが現在の情報ということでしょう。

 それで、黄熱ワクチンのペーパーですが・・・

Since there is no interference between YF vaccine and other vaccines, YF vaccine may be administered simultaneously, but in different syringes and at different sites, with the following vaccines: measles, polio (oral polio vaccine), diphtheria –tetanus–pertussis, hepatitis B, hepatitis A, oral cholera and oral or parenteral typhoid.

 ということです。

 同時接種がOKになった理由は、あまりよくわかりません。コレラワクチンが新しくなったからでしょうか・・・


<追加>
 先ほど、WHOのポジションペーパーの翻訳を見つめました。さすがは神戸大学です。
http://wer.ams.kobe-u.ac.jp/index03.htm

2003, 78,       349-360,  No.40, 10月3日版       (original)
                     
黄熱ワクチン
     新しい入手可能なワクチンが髄膜炎を阻止ー現在、WHOは基金を要請

*有効性:中和抗体の防御レベル(ログ中和指数:少なくとも0.7)は、10 日以内にワクチンを受けた人の90%で、30 日以内に99%で認められる。ほとんどの場合、防御は30-35 年以上続くようである。また、YF ワクチンと他のワクチンの間に干渉がないために、YF ワクチンは麻疹、ポリオ(経口ポリオワクチン)、ジフテリア-破傷風-百日咳、B 型肝炎、A 型肝炎、経口コレラおよび経口非腸管ワクチンと同時に実施してよい。その際、注射器と部位は別にする。同時に投与されない時、生ワクチンはYF ワクチン接種の少なくとも1 ヶ月前か後でなくてはならない。

« ポストポリオ症候群 | トップページ | 日本脳炎ワクチンの接種例(図示入り)・これで基礎免疫は大丈夫? »

ワクチン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/49672108

この記事へのトラックバック一覧です: 黄熱ワクチンとコレラワクチンの同時接種:

« ポストポリオ症候群 | トップページ | 日本脳炎ワクチンの接種例(図示入り)・これで基礎免疫は大丈夫? »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック