« OPVによる第三者への感染・さらにはアウトブレイクについて | トップページ | 「ホメオパシー叩きの真相」 »

2010年9月22日 (水)

もしポリオになったら・・・気がつくべきこと知らせるべきこと気をつけること(改訂版)

 ポリオワクチンのシーズンが近づいてきました。外来でもポリオの問い合わせが増えてきました。ポリオの症状について書いてみることにします。

(ポリオサバイバラー方からもメールを頂き、一部追加・訂正しました)

 といっても、私もポリオ感染は未体験です(見逃してきた可能性あり)。間違っていることもあるかもしれませんが、ご容赦のほどお願いします。

 結論としては、生ポリオワクチン(OPV)接種後35日までは、発熱などに注意する(これは子どものみではなく保護者も)。発熱のほかに体のどこかしらにだらんとした麻痺があれば、すぐに病院にいく。その間便および唾液の扱いには充分注意を払う。です。

http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/idsc/disease/polio1.html
  http://dai.kids.coocan.jp/Qvaccine_child/poriosp.html

 まずはポリオの病態生理から

 OPV(生ポリオワクチン)が口から飲みます。ポリオワクチンのポリオウイルスア弱毒化しているため、通常は悪さをしません。しかし、まれに強毒 化します。確率は450万件に一回とも言われていますが、実際はもっと多いかもしれません。おそらくは100万人に2-4回ほどだと思われます。また、強毒化したポリオウイルスが便から排出されると(VDPV)、便を介 して免疫の無い(低い)他者に感染させる可能性があります。自分自身や近親者にポリオ接種者がいなくても、ポリオ感染が起きうるのはそのためです。

 感染して発症する確立は、5-10%といわれています。逆に言えばほとんどが感染しても発症しません(不顕性感染)。さらに麻痺を起こすのは感染 者の0.1%といわれています。逆に言えば、一人のポリオ麻痺がいれば多くのポリオ感染がいて、便からポリオウイルスが排出されるのです(VDPV)。

 ポリオワクチンは神経親和性があります。神経まで達した程度で症状が左右されます。

 ポリオ発症の多くは不全型といって夏風程度の症状(発熱・のどの痛み)程度です。潜伏期は5日くらいです。

 さらに症状が進むと、高熱・嘔気・嘔吐・頚部硬直(首の後ろが硬くなり首を前屈できない)など髄膜炎症状が出てきます。これが4-8%(1-2%?)ということです。

 ポリオウイルスが脊椎(背骨にある神経)の前角細胞(運動機能を携わる)まで達すると、その前角細胞が関与する筋肉が麻痺します。これがポリオ麻 痺です。麻痺は必ずしも手足のみに生じるものではありません。潜伏期は4-35日(平均15日)です。OPV接種後一ヶ月ほどは、オムツを代えた後の手洗 いと共に気が抜けません。不全型の症状が治まって数日後に、ポリオ麻痺が起こります。発熱・頭痛・筋肉痛と共に弛緩性の麻痺が起こります。麻痺は進行性 で、解熱と共に進行は収まります。

 麻痺が中枢神経まで達すると、球麻痺になります。これは呼吸筋に関係するものなので、場合によっては命にかかわることもあるのです。昔「鉄の肺」というのがありましたが、主にポリオ球麻痺患者に使うものでした。リンク先には、鉄の肺が並んでいる写真があり圧倒されます。

ポリオの麻痺は固定化することもあれば軽症することもあります。しかし、ポリオはそれで終わりではありません。ポリオにかかって数十年たった後、ポリオにかかった筋肉に異常が出てきます。痛み・疲れやすさ・痺れなど。これをポストポリオ症候群(post
polio syndrome)といい、ポリオ患者(ポリオサバイバー)を苦しめることになります。

 ポリオの検査は、採血で抗体を調べるか便でポリオウイルスを確認する方法があります。発症後3-6週間までポリオウイルスが排出されるので、疑ったら速やかに検査することが必要です。ドクターは疑いのある患者の便を保健所に提出しましょう。

 また、ポリオウイルスは唾液でも感染することがあります。しかし、ウイルスが検出されるのは発症後数日間といわれています。いずれにせよ、疑ったら便や唾液の扱いは気を付けてください。赤ちゃんの場合唾液を100%コントロールするのは不可能ですが、ポリオウイルスは乾燥に弱いのでそれほど神経質にはならなくてもいいと思います。食事前には手洗いをしましょう。大事なことですが、赤ちゃんをバイキン扱いしないでください

 それから、ポリオの会にも問い合わせてみてください。私のポリオに関するブログも、ポリオの会会員の方々から、色々教えていただいて出来たものです。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~polio/


トピックス
 ポリオウイルスには1,2,3の三種類があります。ポリオウイルスによって2型は撲滅されました。しかしながら、ポリオ麻痺の患者さんを調べると2型が検出されることがあります。これは、OPVによって2型が復活したのです。OPVによって撲滅されたポリオウイルスが、OPVによって復活したのです。これは悩ましき問題です。

« OPVによる第三者への感染・さらにはアウトブレイクについて | トップページ | 「ホメオパシー叩きの真相」 »

ポリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/49524951

この記事へのトラックバック一覧です: もしポリオになったら・・・気がつくべきこと知らせるべきこと気をつけること(改訂版):

« OPVによる第三者への感染・さらにはアウトブレイクについて | トップページ | 「ホメオパシー叩きの真相」 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック