« 百日咳のまとめ | トップページ | ポリオの詳しい話 »

2010年9月30日 (木)

ホメオパシービタミンK裁判、その後

 

ビタミンKを新生児に投与せずに死亡したとして、助産師を訴えた裁判が昨日ありました。名称はどう表現したらいいのかわからないのですが、とりあえず「ホメオパシービタミンK裁判」としておきます。

http://jphma.org/About_homoe/jphmh_oshirase0805.html

この山口地裁の訴訟については、昨日(8/4)、第1回の口頭弁論があり、JPHMA会員の助産師側は、損害賠償請求の棄却を求めています。つまり、原告の請求事実を認めず、裁判の場で争い、事実を明らかにしていくというプロセスに入ったので、真 相は裁判を通じて今後明らかになっていくものです。

 ずいぶんと勇ましい表現です。ホメオパシー医学協会(JPHMA)のいう真相というものはどういったものでしょうか?

http://d.hatena.ne.jp/jyosanin/20100929/1285759484

2010-09-29

ビタミンK訴訟 第二回目Add Star

今日でしたが、まだ向こうからの答弁書が出されていないということで、今日も次回の日程を決めただけだそうです。

 なんだか力抜けます。

« 百日咳のまとめ | トップページ | ポリオの詳しい話 »

ホメオパシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557346/49602089

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシービタミンK裁判、その後:

« 百日咳のまとめ | トップページ | ポリオの詳しい話 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック