« 実は今日から・・・日本脳炎の通知 | トップページ | 【緊急】不活化ポリオワクチンを勧めたい~同志募集 »

2010年8月28日 (土)

昨日の続き(こんな日本脳炎ワクチンスケジュールはOK?)【訂正済】

昨日の自分自身が書いた、ブログを見てふと思いました。

http://setagaya-syouni.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-3722.html

 例えば、7歳0ヶ月でこれまでに一回日本脳炎ワクチンをしている場合、まず二回目のワクチンを普通に打ちます。これは期間内ですので、問題ありません。

 次は第一期の追加接種です。通常ならば、二回目のおおむね一年経ってから接種する必要がありますが、これだと8歳0ヶ月で打つことになり規定の時期から外れてしまいます。ただ、昨日の省令によれば・・・

接種対象:平成22年3月31日までに第一期を1回または2回受けた人で、第一期(生後6ヶ月から7歳6ヶ月未満)および第二期(9歳以上13歳未満)の年齢で
内容:残りの2回または1回を1期定期接種として受けられる。2回接種する場合は、6日以上空いていればよい。
例:10才児で、3才の時に1回だけ定期接種を受けていた場合→今年定期第一期で2回接種、来年定期第二期として1回接種できる。

 ということであれば、追加は二回目から6日以上たっていればいいことになります。時期的に見て7歳4ヶ月か7歳5ヶ月くらいに打てばいいことになります。二回目かからは4・5ヶ月しか経っていませんが、医学上・行政上問題はないことになります。

 平成22年3月31日までに日本脳炎ワクチンを少なくとも一回受けた人は、とにかく7歳5ヶ月までに、すべての第一期のワクチンを済ませること。そのためには、期間はそれぞれ6日開いていればいいということですね。

 そして、もうひとつの省令によると・・・

接種対象:平成22年3月31日までに第一期を1回も受けていない人で、9歳以上13歳未満の人。
内容:3回を通常接種方法(1~4週間隔で2回、概ね1年後追加1回)で、第一期定期接種として受けられる。
例:9才児で、未接種→第一期として9才で2回、10才で1回。さらに12才で第二期。

 これならば、たとえば、先ほどと同じく7歳0カ月でまったく日本脳炎を受けていなかった場合はどうでしょう?

 プランとしては

  1. まずはワクチンを7歳5ヶ月までにすべて打つ。一回目・二回目の間隔を6日で打って、7歳5ヶ月ぎりぎりで追加を接種。
  2. もうひとつの省令にしたがい、9歳になったら一期のワクチンを接種

と書いたのですが、もうひとつ道がありました(8月31日改定)

  1. まずはワクチンを7歳5ヶ月までにすべて打つ。一回目・二回目の間隔を6日で打って、7歳5ヶ月ぎりぎりで追加を接種。
  2. もうひとつの省令にしたがい、9歳になったら一期のワクチンを接種
  3. 7歳5ヶ月までに、二回目までのワクチン接種。9歳になってから第一期の追加を接種。

 でいいとおもわれます。なんだか、ややこしいのですが、たとえば

 7歳0ヶ月で第一期二回目までを打つ。一年後の8歳で第一期追加。12歳で第二期。

 とすればずいぶんとすっきりすると思うのですが、省令を見る限り無理なようですorz。

« 実は今日から・・・日本脳炎の通知 | トップページ | 【緊急】不活化ポリオワクチンを勧めたい~同志募集 »

日本脳炎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 実は今日から・・・日本脳炎の通知 | トップページ | 【緊急】不活化ポリオワクチンを勧めたい~同志募集 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック