« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

厚生労働省のマジック・日本脳炎ワクチンは誰のため?

 最近日本脳炎ワクチン接種を希望する保護者が増えてきました。日本脳炎ワクチンは数年間ブランクが空いていました。厚生労働省は、日本脳炎ワクチンは積極的推奨の差し控えという、日本語的にもよくわからない通達を出していたのは前述のとおりです。もっと踏み込んで書いたサイトがあったので、紹介します。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~SuzunokiCC/nitinoutyuusi.html 日脳混乱経過

 厚生労働省が日本脳炎接種に係るQ&Aというのを出しています。

http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/nouen/index.html

 これは少しずつ改訂されています。少し前の平成22年4月改訂版を旧版、今の平成22年4月改訂版を新版とします。鋭い方はお気づきだと思いますが、名前は同じ「平成22年4月改訂版」です。つまり、内容は異なるけれど名前の違う公式文書が存在することになります。私の知る限り、おそらくは5月31日に変更したものなので、「平成22年5月改訂版」としなくていけないものです。優秀な官僚がtypoするはずもないので、旧版の内容は葬り去りたいのかもしれません。そうでなければ厚生労働省のマジックなのでしょう。

 旧版は、いつの間にか厚生労働省からなくなってしまいました。見つけることが出来るのは、埼玉県茂呂山町と岐阜県のサイトです。
http://www.town.moroyama.saitama.jp/kakuka/hosen/nihonnouenqanda.pdf
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11223/gids/sinchaku/Japaneseencephalitis2204qa.pdf

 問題の、旧版のQ20です。

Q20 年齢が定期予防接種のスケジュールの範囲内にありますが、第1期初回の1回目の接種を受けた後、期間が大きく空いてしまっています。第1期初回の2回目と、第1期の追加接種は受けられますか?

   こういうことはよくあることです。 日本脳炎ワクチンをなかなか受けられず、接種対象年齢ぎりぎりになってしまったということです。旧版での答えは・・・(太字作者)

A20 第1期の初回接種は、6日から28日までの間隔をおいて2回接種することとされており、第1期の追加接種については、初回接種終了後、おおむね1年後としているところです。現在のところ、定められた間隔で接種されない場合、任意接種として接種していただくこととなりますが、接種勧奨の差し控えにより接種の機会を逃した方に関しましては、今後接種の機会を確保できるよう検討を行うこととしています。

 第1期は生後90ヶ月未満(7歳6ヶ月未満)なので、たとえば第1期初回接種を6歳5ヶ月までに済ませないと、第1期追加接種が出来ないことになってしまいます。これでは、接種漏れの人がさらに多くなってしまうでしょう。

 それが、新版ではこの「Q20」がそっくり削除され、Q21以降が繰り上がっています。つまり、期限が差し迫っていれば一年以上明けなくても定期接種として追加接種を行ってもかまわないということでしょう。日本脳炎ワクチンが誰のためにあるかを考えれば、そう解釈するしかないです。

 問題は、今もって岐阜県と埼玉県茂呂山町のサイトに残っていることですね。メールしておきます(汗)。

 そろそろ日本脳炎ワクチンの第2期も発表があるということですが、、、どのような形になるのやら。

2010年7月16日 (金)

ホメオパシーどうしよう?

 出生時に開業助産師がビタミンKを使用せず、その後頭蓋内出血の為死亡した乳児をめぐって、民事裁判が起こされていました。まずは、なくなったお子様とご家族に深い哀悼の意を表したいと思います。

 どうやらこの助産師さんはホメオパシーを使っていたようです。私がいろいろと書くよりも、この経緯について詳しく載せてあるサイトがいくつかあるので紹介します。

http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20100711
 (新小児科医のつぶやき・ビタミンKのおはなし)
 いわずと知れた、アルファブロガー小児科医のブログです。よくまとまっています。

http://jyosanin.blog78.fc2.com/blog-entry-410.html (助産院は安全?・「ビタミンK与えず乳児死亡」母親が助産師提訴)

 裁判になる前から、この件について言及されていました。また、「お願いがあります」も 必ず読んでください。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1278636524 (kikulog・ビタミンK問題: 助産院とホメオパシー[追記は随時あり])

 kikulogです。コメントが膨大ですが優駿です。ホメオパス(ホメオパシーを処方する人?)のコメントもあります。

 ホメオパシー側からの擁護の発言も見つけましたが、ここでは載せません。

この件については、本当にいろいろな問題があり、一まとめにはできないかもしれませんが、それなりにまとめています。

1.ホメオパシーって医学的にはどうなの?

 まずはホメオパシーの歴史から。

http://d.hatena.ne.jp/Mochimasa/20100214/1266167562
http://d.hatena.ne.jp/Mochimasa/20100221/1266768657

 不謹慎かもしれませんが、正直面白かったです。医学史から見てそれなりに意義はあったのかもしれないが、今では実証に耐えられないといっていいでしょう。漢方と同じイメージを持つひつもいるかもしれませんが、あまりにも違います。海外でも健康保険の適応は外されつつあります。かといって禁止するわけにも行かず・・・今では、いわゆる健康食品程度の位置づけだと思います。

2.ホメオパシーって現代医学に対して排他的なの?

 以前ホメオパシーについてブログに発言したら、ものすごい反響に驚いたという人からお話をうかがうことができました。ホメオパシー対する思いは、各人・各団体で温度差があるのではと思います。ホメオパシーの団体もいろいろあるようで、予防接種も反対というホメオパシー団体もいます。

 今回の裁判になった該当の助産師は、現代医学に対して排他的な団体に所属していたと聞いています。ビタミンKも毒だというのですね。

 鳩山前首相の掛け声で作られたホメオパシーなどの保険適応・資格を検討する厚生労働省の統合医療プロジェクトチームですが、、、今はほとんど動いていないようです。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/other.html

3.じゃぁ、西洋医学以外の医学(いわゆる代替医療)は全部いんちきなの?

 この問いに「そうです」とは答えられないです。西洋医学も「いんちき」といわれかねないところもあります(汗)。今病院や診療所で行われている医療がベストとは言いません。

 「代替医療」とは現代の西洋医学とは違う(alternative)という意味です。伝統医療や民間医療などがこれに当たります。しかし、代替医療の中には必ずしも現代医療と相反するものではないケースもあり、補完代替医療(Complementary Alternative Medicine・略してCAM)と呼ばれています。アメリカでは専門の国立研究センターがあるということです。

4.助産師さんはどうしてホメオパシーを使っている人が多いの?

 勿論すべての助産士さんがホメオパシーを使っているわけではありません。ただ、使っている人は多いようです。少なくとも産婦人科医よりは多いといえるでしょう。

 でも、どうして助産師さんに多いのでしょうね。実は学校の一部の養護教員にもホメオパシーは広がりつつあります。共通の理由があるのかもしれません。

http://shibuken.seesaa.net/article/108176645.html

 日本助産師会はホメオパシーについてどう思っているのでしょう?

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1255703090

2.ホメオパシーを実施する助産所が児の予防接種を勧めないかどうかについて、数ヶ所の助産所に電話で確認したが、その事実はなかった。今後、助産所において、そのような指導がなされていることが判明すれば、本会としては直接指導することや、中止するよう働きかける必要があると考えている。

 「電話で確認」など、本気で調査しているのではないでしょう。

 それから、今回の裁判を受けてのコメント

http://www.midwife.or.jp/pdf/k2.pdf

それゆえ、ビタミンK2の投与や予防接種は、インフォームド・コンセントのもと推奨されるべきである。

 今回のニュースでもコメントでもホメオパシーという言葉は表立って出ていませんが、唐突に「予防接種」という単語が出ているのは、「この件はホメオパシーが絡んでいます」といっているのと同じです。

 助産師会主催のホメオパシー講習会というのもあるようです。

http://putorius.mydns.jp/wordpress/?p=716

5.話は戻るけれど、ビタミンK2があるならK1もあるの?

 日本にあるアメリカの病院(どこ?)では、赤ちゃんにビタミンK2シロップではなく、K1の筋注をしていました。

http://merckmanual.jp/mmpej/print/sec01/ch004/ch004n.html

 今回訴えられた助産師は、ホメオパシーの「薬」を染込ませた砂糖玉(レメディ?)を、ビタミンK2シロップの代わりに与えたということです(新生児に固形物を与えるというのは危険行為です)。また、母子手帳にはレメディではなくビタミンKを与えたと記載したとのことです。

6.世田谷区でビタミンK2を投与しない助産院はありますか?

 ありません!(と信じたいです)

しつこいけれど同時接種

 先日お電話で問い合わせがありました。かなり切羽詰った感じが電話でもわかりました。

 海外に引越しをするためワクチンを短期間に受ける必要があるけれど、どこの病院でも引き受けてくれないのです。何か医学的・法律的に問題があるのでしょうか?

 

同時接種については今まで話してきたとおりですが・・・ なかなか進まないのはわけがあります。

 お電話の話を聞いてみると、同時接種をすると腫れやすくなるとか(本当?)、副作用(副反応?)が出やすくなるとか、どこでもやっていないとか、私なら子どもに打たないとか(私自身も不要な手術を受けたいとは思いませんが、必要あれば受けます。)・・個人の責任をどうこう言うよりも今の日本の医学情勢をそのまま現しているように思えます。

2010年7月 4日 (日)

VPDから子供たちを守ろう その3

最後に、「講演者による討論会」でえす。演者全員が壇上のいすに座りました。30分ほどでした。

 まずは、ACIPの話です。ACIP(エイシップ)とは(Advisory Committee on Immunization Practices)というもので、アメリカのワクチン諮問機関です。ここで決められた内容はアメリカのワクチン行政に大きな影響を及ぼします。ACIPを作ったのは、ケネディー大統領です。1962年の話です。ケネディーは科学力を、人類を月に行かせると同時に 地上の子供達をVPDから守ることに還元したのですね。ACIPの必要性は「日本版ACIP」で検索すればいろいろとわかると思います。

 日本では2009年に「予防接種に関する検討会」が廃止され、新たに「予防接種部会」が立ち上がりました。図で見れば、わかりやすいでしょうか?

Bukai

 早いうちに予防接種法の改正をすると意気込んでおられる先生がいらっしゃいました。

 同時接種については、

  1. 日本のワクチンでは医学上・法律上問題は無い
  2. 上腕だけでは狭すぎる(特に赤ちゃん)
  3. そもそもワクチンは筋肉内注射であり、大腿にも打ちたい

 などありました。質疑応答で「それでは同時接種できないのはかかりつけの先生の考えですか」というのがあり、先生は基本的には「そうです」とお答えになっていました。医学上・法律上全く問題なく同時接種が必要なのに、出来ない・しないのは不作為に当たるのではと心苦しく思う小児科医もいるのです、と思わず発言しそうになってしまいました。
 とある先生が、「同時接種をすると不具合が起こったときにどちらが原因かわからなくなる」と言った発言に、一言言いたそうな先生もいらっしゃいました(実際はどうであれ救済されるのです)。

 3時間ほどでしたが、有意義な回でした。自分でもこういった講演会をしてみたいです。

 

VPDから子供達を守ろう! その2

4.移植を受けたらワクチン接種はどうする?(新庄正宣先生) 20分ほど。

 肝移植前後のワクチン問題について解説。一般に臓器移植が必要な患者 さんはワクチンを打てる状態ではなく、臓器移植では免疫抑制剤が必要なのでワクチンの副反応・効果に問題がありました。結論からすると「一定の基準を満た した患者については、総じて、安全かつ有効に行われている」ということです。

5.アレルギーを持つお子さんのワクチン接種について(齋藤昭彦先生) 15分ほど。

 主にインフルエンザワクチンと卵アレルギーについて解説され ていました。現在、日本のインフルエンザワクチンには、卵アルブミン量は検出限界以下でありほとんど問題になりません。具体的には、卵アルブミンの量は WHOの基準で5μg/1回以下であり日本では検出限界以下の1ng/mlです(注:μ(マイクロ)の数字が0.000 001で、n(ナノ)の数字が0.000 000 001です)。

 ただし、深刻なアレルギーの場合は接種医と相談したほうがいいでしょうね。

6.思春期の子供に接種するワクチンって何?(堀成美先生) 20分ほど。

 この中で唯一の看護士です。目からうろこでした。ほんとに。子宮頸がん対策は、ワクチン+健診だけではだめなのですね・・・

 「思春期ワクチン」は「母子手帳以後のワクチン」とも堀先生はおっしゃっていました。ある意味、宙に浮いた年齢のワクチンです。思春期ワクチンで大事なことは「インフォームドコンセントの原則」「一個人としての人格を最大限尊重する」「親による代行--子どもの最善利益」です。最近、思春期ワクチンでHPVワクチンが取りざたされていますが、ただ打てばいいというものではありません。定期的ながん検診が必要なのはもちろんのこと、性交開始前に、きちんとした学習が必要なのです。具体的には、性交開始前に、ワクチンの意義、性交時のコンドーム・清潔(入浴・シャワー)の必要性・・・かなり踏み込まないといけないのかもしれません。一部の地域で、小学生のHPV接種に公費負担をしている自治体がありますが、果たして接種医が説明しているのか、あるいは自治体が説明の必要性を知っているのか、疑問です。小学生にどの程度踏み込んで説明するかは悩ましい限りですが、そうも言ってられない状況なのですよね。

 B型肝炎ワクチンも、打てるのに日本ではあまり打っていないワクチンの一つです。B型肝炎は感染しやすく、感染経路が不明なこともあります。理論上、蚊が吸った人の血液量で感染するのです。本来なら早く打つべきワクチンでしょう。

7.妊婦のワクチン接種はどうする?(山口晃史先生) 15分ほど。

 妊娠中になにかしらの感染になることは、母体にとっても胎児にとっても危険なことがあります。母親が妊娠中に麻疹になったばあい、「すごい勢い」の早産になることもあります。妊娠中は生ワクチンを打てません(実際は打っても胎児に影響が出ることはなさそうですが)が、不活化ワクチンなら大丈夫です。授乳中も両方大丈夫みたいです。

 最後の「講演者による討論会」はまた今度・・・

VPDから子供達を守ろう! その1

 成育の市民公開講座「ワクチンで防げる病気(VPD)から子供達を守ろう!~こんな時どうするの?ワクチンの具体的な接種方法を知ろう!~」に出席しました。親のみならず、養護教員、幼稚園に勤める看護士、同業者と思われる人もいました。協賛会社とは違う製薬会社の人(MRさん)も来ていました。勉強ということです。尊敬します。

 ついお昼を食べ過ぎて、途中で眠くなるのではと危惧しましたが、休憩以外は(!)ちゃんと起きていました。

 諸先生方のお伝えしたかった内容が充分に書ききれない可能性もありますが、まとめてみます。

1. 日本の予防接種の現状について(加藤達夫先生) 5分ほど。

 日本のワクチンについて「歯」と同じとおっしゃっていました。アメリカなどでは定期的に歯医者に診察してもらうが、日本では虫歯になって歯が痛くならないと歯医者に行かない。日本でも、ワクチンをしなくて最終的に病気になってしまう。

2.ワクチンで防げる病気から子供達を守るために(薗部友良先生)

 予定の25分をオーバーしました。質問にも丁寧にお答えになっていました。

 ワクチンは悪い星の元に生まれた、という言葉が印象的でした。予防接種のあと不具合が起こって裁判になった場合、たとえ紛れ込みでも「弱者救済」という視点で裁判所は過失を認める方向にあります。何か問題が起こると何かを悪者にしなくてはならない社会では、マスコミはワクチン・メーカー・医者を叩くのです。

3.病気を持つ子供達へのワクチン接種(神谷元先生) 25分ほど。

 題材は「ワクチンって何だろう?」「病気を持つ子供達へのワクチン接種」「個人免疫と集団免疫」でした。日本人に比較的多い熱性けいれん後のワクチンをどうすれば言いかも説明ありました。すばらしい内容でしたが、保護者には少し難しかったかもしれません。


 

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック