« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

ワクチンワクワク

ベネッセのひよこクラブ。2010年7月号の特集の一つは、「予防接種のギモン ワクチン・スケジュール・副反応解決Q&A」でした。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003NY4GRS/ref=oss_product
(もう売り切れ)

20100627223703

書いた人は、太田文夫先生で、ワクチンのことをとてもよくご存知です。

20100627223741

 ワクチンの必要性・副反応・スケジュールの立て方のみならず、今までなぜかタブー視されてきた同時接種についてもかなり踏み込んだ内用です。読んでいてワクワクします。これは「買い」です。
 来月のこっこクラブでも「
1才からの予防接種最新ガイド」とう特集を組みます。監修は同じ太田先生で内容が楽しみです。

 おまけ
20100627223816

 こちらも踏み込んだ内容でびっくり。

2010年6月 7日 (月)

医者の心が折れるとき

医者の心が折れるときって(燃え尽き症候群とは違います)、どういうときだと思いますか?

 何か問題があると、本質的なことには目をつぶり、「全部こいつのせいなんです」と吊るし上げを喰らったとき。

 多少の苦労は喜んでするが、それを「当然」と受け止める地域社会でトラブルがあり、上が誰も助けてくれないとき。

 などなど。

 夕張で汗を流している村上医師にも、かような試練が待ち構えていました。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3660

6月2日、北海道・夕張の病院で起きたある出来事が全国に報道された。
5月に、夕張市内の男性が首つり自殺を図って心肺停止状態となった。その男性を北海道夕張市立診療所(夕張医療センター)に救急搬送しようとしたところ、理事長の村上智彦医師が 受け入れを拒否し、男性患者が死亡した、というのだ。
報道によれば、同センターは2009年秋にも心肺停止状態の自殺者の受け入れを断ったことがあり、夕張市の藤倉肇市長が今回の事態に対して「誠に遺憾」と発言したという。
報道は、センターが救急搬送を断ったことを糾弾する論調である。
しかし、そうした報道から見えてこないことは、あまりにも多い。
村上智彦医師は財政破綻した夕張に単身で飛び込み、地域医療の維持と再生のために、まさに孤軍奮闘している人物 である。
そんな村上医師がなぜ救急患者の搬送受け入れを断ったのか。そもそもセンターは本当に救急搬送を受け入れるべきだったのだろうか。
以下は、村上医師からJBpressに寄せられた反論の手記である。

http://twitter.com/DTM0313/status/15342532531

@matinami 詳しくは次回のメルマガで書きます。要するに私が後方病院への搬送を指示したのを、受診拒否として謝れと、職員や私に散々電話して嘘をついて脅かしてあ謝 らせて、それを記事にしました。記者さんの自作自演でした。

http://blog.livedoor.jp/yubariishiblog/archives/1781281.html

詳しくは メルマガ まぐまぐ 
”夕張市立総合病院を引継いだ「夕張希望の杜」の毎日”
http://www.mag2.com/m/0000253983.html
http://ka101w.kaw101.mail.live.com/default.aspx?wa=wsignin1.0
に来週金曜日 6月11日に掲載する予定です。

 予想外にも、そして嬉しいことに、村上医師の心はまだ折れていないようです。金曜日が楽しみです。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック