« 21.低酸素発作、プロスタグランディン療法 | トップページ | 23.急性副腎不全 »

2010年4月19日 (月)

22.急性腎不全

I 原因と鑑別
 「はじめから循環血液量の増加がある場合は、輸液負荷はかけない」が追加。

II 腎不全時の諸変化に対する処置
M 浮腫の項が削除。

III 腹膜潅流
B CAPD
 自動腹膜潅流装置のPAC-Xサイクラーが削除。

« 21.低酸素発作、プロスタグランディン療法 | トップページ | 23.急性副腎不全 »

小児科当直医マニュアル 改定第12版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 22.急性腎不全:

« 21.低酸素発作、プロスタグランディン療法 | トップページ | 23.急性副腎不全 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック