« サーバリックス?ガーダシル? | トップページ | 9.誤飲・誤嚥 »

2010年4月16日 (金)

8.心筋炎、心原性ショック

III 治療
C 心筋炎特異的治療
(2) 免疫抑制剤:class-IIb
「ウイルス活動期にあたる発症後5日前後でのステロイド投与は避けるべきである」が追加

D 補助循環
 「急性期の低血圧、心原性ショック、重度不整脈を認めた場合、速やかに補助循環を導入する」が「急性期の低血圧、中程度異常の僧帽弁逆流合併例、心原性ショック、重度不整脈を認めた場合、速やかに補助循環を導入する」

F 診断のための検査
 「トロポニン定性試験では偽陽性例も見られることもがあり、トロポニンの定量も同時に行う必要がある」が追加。心筋生検にも言及。
 「機械的補助循環の病態および適応」「機械的補助循環の適応外となる病態」「低心拍出量症候群LOSを疑わせる所見」が表に移行。

心原性ショック
II 1回心拍出量の低下に対して
 ・PDFIII阻害薬
 ミルリノン(ミルリーラ)の、max. 0.2μg/kg/minがmax. 0.57μg/kg/分
 オルプリノン(コアテック)のmax. 0.2μg/kg/minがmax 0.4μg/kg/分

III 頻脈に対して
 「必ず心電図同期の元に行うこと」に下線。
 アミオダロン(アンカロン)について詳しく既述あり。

V 補助循環
 大幅に加筆あり。

 


« サーバリックス?ガーダシル? | トップページ | 9.誤飲・誤嚥 »

小児科当直医マニュアル 改定第12版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8.心筋炎、心原性ショック:

« サーバリックス?ガーダシル? | トップページ | 9.誤飲・誤嚥 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック