« 14.輸血 | トップページ | 16.各種感染症における抗菌薬の選択 »

2010年4月16日 (金)

15.oncologic emergencies

I 腫瘍による圧迫
A 上大静脈症候群
 「気導圧迫による生命の危険の恐れがある場合は、緊急放射線照射の適応となる」が「気導圧迫による生命の危険の恐れがある場合でも、ステロイド製剤の使用なしに緊急放射線照射をすることは推奨されないが、救命優先の場合は適応となる」に変更。

II 腫瘍溶解症候群
A 予防
(1) 輸液、尿アルカリ化
 後半にかなり追加事項あり。
(2) アロプリノール(ザイロリック)
 細かな記載に変更。

« 14.輸血 | トップページ | 16.各種感染症における抗菌薬の選択 »

小児科当直医マニュアル 改定第12版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15.oncologic emergencies:

« 14.輸血 | トップページ | 16.各種感染症における抗菌薬の選択 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック